記事一覧

今日の聖書箇所 20200125

 イエスはまた、弟子たちに言われた。「ある金持のところにひとりの家令がいたが、彼は主人の財産を浪費していると、告げ口をする者があった。 そこで主人は彼を呼んで言った。『あなたについて聞いていることがあるが、あれはどうなのか。あなたの会計報告を出しなさい。もう家令をさせて置くわけにはいかないから』。 この家令は心の中で思った。『どうしようか。主人がわたしの職を取り上げようとしている。土を掘るには力が...

続きを読む

今日の聖書箇所 20200124-2

 さて、取税人や罪人たちが皆、イエスの話を聞こうとして近寄ってきた。 するとパリサイ人や律法学者たちがつぶやいて、「この人は罪人たちを迎えて一緒に食事をしている」と言った。 そこでイエスは彼らに、この譬をお話しになった。「あなたがたのうちに、百匹の羊を持っている者がいたとする。その一匹がいなくなったら、九十九匹を野原に残しておいて、いなくなった一匹を見つけるまでは捜し歩かないであろうか。 そして見...

続きを読む

今日の聖書箇所 20200124-1

 ある安息日のこと、食事をするために、あるパリサイ派のかしらの家にはいって行かれたが、人々はイエスの様子をうかがっていた。 するとそこに、水腫をわずらっている人が、みまえにいた。 イエスは律法学者やパリサイ人たちにむかって言われた、「安息日に人をいやすのは、正しいことかどうか」。 彼らは黙っていた。そこでイエスはその人に手を置いていやしてやり、そしてお帰しになった。 それから彼らに言われた、「あな...

続きを読む

今日の聖書箇所 20200122

 ちょうどその時、ある人々がきて、ピラトがガリラヤ人たちの血を流し、それを彼らの犠牲の血に混ぜたことを、イエスに知らせた。 そこでイエスは答えて言われた。「それらのガリラヤ人が、そのような災難にあったからといって、他のすべてのガリラヤ人以上に罪が深かったと思うのか。 あなたがたに言うが、そうではない。 あなたがたも悔い改めなければ、みな同じように滅びるであろう。 また、シロアムの塔が倒れたためにお...

続きを読む

今日の聖書箇所 20200121

 その間に、おびただしい群衆が、互に踏み合うほどに群がってきたが、イエスはまず弟子たちに語りはじめられた。「パリサイ人のパン種、すなわち彼らの偽善に気をつけなさい。 おおいかぶされたもので、現れてこないものはなく、隠れているもので、知られてこないものはない。 だから、あなたがたが暗やみで言ったことは、なんでもみな明るみで聞かれ、密室で耳にささやいたことは、屋根の上で言いひろめられるであろう。 そこ...

続きを読む

プロフィール

vitanouva20021215

Author:vitanouva20021215
 このブログは統一教会やエホバの証人、キリスト教系カルト教団、日本のいわゆる教団・教派・教会とも一切関わりがありません。
 ただ純粋に、聖書を一日一章、書き写していくサイトです。
 著作権の関係上、書き写す聖書は、口語訳を用いています。
 このブログを読んだ方。
 何かの足しになれば、それに勝る幸いはありません(^w^)ノ。

最新コメント

カテゴリ