記事一覧

今日の聖書箇所 20200114

 さて、群衆が神の言を聞こうとして押し寄せてきたとき、イエスはゲネサレ湖畔に立っておられたが、そこに二そうの小舟が寄せてあるのをごらんになった。
 漁師たちは、舟からおりて網を洗っていた。
 その一そうはシモンの舟であったが、イエスはそれに乗り込み、シモンに頼んで岸から少しこぎ出させ、そしてすわって、舟の中から群衆にお教えになった。
 話がすむと、シモンに「沖へこぎ出し、網をおろして漁をしてみなさい」と言われた。
 シモンは答えて言った、「先生、わたしたちは夜通し働きましたが、何も取れませんでした。しかし、お言葉ですから、網をおろしてみましょう」。
 そしてそのとおりにしたところ、おびただしい魚の群れがはいって、網が破れそうになった。
 そこで、もう一そうの舟にいた仲間に、加勢に来るよう合図をしたので、彼らがきて魚を両方の舟いっぱいに入れた。そのために、舟が沈みそうになった。
 これを見てシモン・ペテロは、イエスのひざもとにひれ伏して言った。
「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者です」。
 彼も一緒にいた者たちもみな、取れた魚がおびただしいのに驚いたからである。
 シモンの仲間であったゼベダイの子ヤコブとヨハネも、同様であった。
 すると、イエスがシモンに言われた。
「恐れることはない。今からあなたは人間をとる漁師になるのだ」。
 そこで彼らは舟を陸に引き上げ、いっさいを捨ててイエスに従った。
 イエスがある町におられた時、全身らい病になっている人がそこにいた。イエスを見ると、顔を地に伏せて願って言った。
「主よ、みこころでしたら、きよめていただけるのですが」。
 イエスは手を伸ばして彼にさわり、「そうしてあげよう、きよくなれ」と言われた。すると、らい病がただちに去ってしまった。
 イエスは、だれにも話さないようにと彼に言い聞かせ、「ただ行って自分のからだを祭司に見せ、それからあなたのきよめのため、モーセが命じたとおりのささげ物をして、人々に証明しなさい」とお命じになった。
 しかし、イエスの評判はますますひろまって行き、おびただしい群衆が、教を聞いたり、病気をなおしてもらったりするために、集まってきた。
 しかしイエスは、寂しい所に退いて祈っておられた。

 ある日のこと、イエスが教えておられると、ガリラヤやユダヤの方々の村から、またエルサレムからきたパリサイ人や律法学者たちが、そこにすわっていた。
 主の力が働いて、イエスは人々をいやされた。
 その時、ある人々が、ひとりの中風をわずらっている人を床にのせたまま連れてきて、家の中に運び入れ、イエスの前に置こうとした。
 ところが、群衆のためにどうしても運び入れる方法がなかったので、屋根にのぼり、瓦をはいで、病人を床ごと群衆のまん中につりおろして、イエスの前においた。
 イエスは彼らの信仰を見て、「人よ、あなたの罪はゆるされた」と言われた。
 すると律法学者とパリサイ人たちとは、「神を汚すことを言うこの人は、いったい、何者だ。神おひとりのほかに、だれが罪をゆるすことができるか」と言って論じはじめた。
 イエスは彼らの論議を見ぬいて、
「あなたがたは心の中で何を論じているのか。
 あなたの罪はゆるされたと言うのと、起きて歩けと言うのと、どちらがたやすいか。
 しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威を持っていることが、あなたがたにわかるために」
と彼らに対して言い、中風の者にむかって、
「あなたに命じる。起きよ、床を取り上げて家に帰れ」
と言われた。
 すると病人は即座にみんなの前で起きあがり、寝ていた床を取りあげて、神をあがめながら家に帰って行った。
 みんなの者は驚嘆してしまった。そして神をあがめ、おそれに満たされて、「きょうは驚くべきことを見た」と言った。

 そののち、イエスが出て行かれると、レビという名の取税人が収税所にすわっているのを見て、「わたしに従ってきなさい」と言われた。
 すると、彼はいっさいを捨てて立ちあがり、イエスに従ってきた。

 それから、レビは自分の家で、イエスのために盛大な宴会を催したが、取税人やそのほか大ぜいの人々が、共に食卓に着いていた。
 ところが、パリサイ人やその律法学者たちが、イエスの弟子たちに対してつぶやいて言った。
「どうしてあなたがたは、取税人や罪人などと飲食を共にするのか」。
 イエスは答えて言われた。
「健康な人には医者はいらない。いるのは病人である。
 わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである」。
 また彼らはイエスに言った。
「ヨハネの弟子たちは、しばしば断食をし、また祈をしており、パリサイ人の弟子たちもそうしているのに、あなたの弟子たちは食べたり飲んだりしています」。
 するとイエスは言われた。
「あなたがたは、花婿が一緒にいるのに、婚礼の客に断食をさせることができるであろうか。
 しかし、花婿が奪い去られる日が来る。その日には断食をするであろう」。
 それからイエスはまた一つの譬を語られた。
「だれも、新しい着物から布ぎれを切り取って、古い着物につぎを当てるものはない。
 もしそんなことをしたら、新しい着物を裂くことになるし、新しいのから取った布ぎれも古いのに合わないであろう。
 まただれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。
 もしそんなことをしたら、新しいぶどう酒は皮袋をはり裂き、そしてぶどう酒は流れ出るし、皮袋もむだになるであろう。
 新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。
 まただれも、古い酒を飲んでから、新しいのをほしがりはしない。『古いのが良い』と考えているからである」。

 ―――― ルカによる福音書 5章 全文
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

vitanouva20021215

Author:vitanouva20021215
 このブログは統一教会やエホバの証人、キリスト教系カルト教団、日本のいわゆる教団・教派・教会とも一切関わりがありません。
 ただ純粋に、聖書を一日一章、書き写していくサイトです。
 著作権の関係上、書き写す聖書は、口語訳を用いています。
 このブログを読んだ方。
 何かの足しになれば、それに勝る幸いはありません(^w^)ノ。

最新コメント

カテゴリ